指導員のページ

スポンサードリンク

野田敏子代表

神楽坂合気道クラブの運営から指導まですべてを一人でなさっています。現在合気道2段ですが、他の先生方からは3段以上の実力者と言われてますが、野田先生はご自分に大変厳しい方で、次の昇段審査に値すると自分が納得しなければ他の先生が勧められても昇段審査を受けられません。私たちは受けていただきたいと思っているのですが。。。

【追記】2011年4月に、野田先生は3段に昇段されました。クラブ員一同、心からお祝いいたします。

 

ご自分に厳しい先生ですが、ご指導は大変親切に、また丁寧に一つ一つの技を身を呈して教えていただけますので、年齢性別を問わずファンが多いのです。

また、当神楽坂合気道クラブの専属指導員がいるわけではありませんが、萩原7段や早川2段、天野2段など有段者の方が進んで指導してくださいますのも、野田先生の人望によるものと思っております。

【追記】2012年7月に、早川先生は3段に昇段されました。クラブ員一同、心からお祝いいたします。



萩原太郎7段

萩原先生は合気道の最高の7段の実力者であり、関東合気道協会の会長をされております。(2012年春まで)また文武合気道クラブの代表をされており、さらに別に「杖道」の指導もされおり、大変お忙しい方ではありますが、大会や審査などの日本合気道協会及び関東合気道協会の行事と稽古が重ならない限り、神楽坂合気道クラブのお稽古に出てくださいます。

7段の実力者と聞くと、大変怖い先生に思われると思いますが、萩原先生はとてもジェントルマンで親切にかつ、一級建築士でもあるので物理的に論理的に指導してくださいますので、技の特性など大変よく理解できます。また、ユーモアも交えていろいろなシチュエーションを想定してお話しくださいますので、生徒からはいつも楽しく、笑い声も出ています。



スポンサードリンク